ダーデンの低GIおやつ「有機アガベチョコレート」

ダーデンの低GIおやつ「有機アガベチョコレート」

ダーデンの低GIおやつ「有機アガベチョコレート」

ダーデンアガべチョコレートは、ワインに含まれるポリフェノールと比較し、3〜4倍近く抗酸化作用が強く、原材料として使用しているカカオには、カルシウムや鉄、マグネシウム、亜鉛、カリウムなどミネラル成分が豊富に含まれているのが特徴です。

 

アガべチョコレートにはリグナンという食物繊維も多く含まれていますし、甘味料には、アガべシロップを粉末にしたアガべパウダーが使用されています。

 

このアガべパウダーは、GI値が砂糖の4分の1以下と、低GIなのも魅力です。
また、原材料はすべて、海外有機認定原料のみが使用され、作られています。

 

大人はもちろん、小さな子供でも安心して食べることができるチョコレートとなっています。

 

カロリーが気になる方、血糖値が気になる方にも、オススメのやつです。

 

ダーク、ミルク、ホワイト
容量 100g
GI値 【ダーク】10、【ミルク】16、【ホワイト】16
価格帯 799円

 

 

 

有機アガベチョコレート(ダーク)の原材料名

有機カカオマス(ドミニカ共和国)、有機アガベパウダー(メキシコ)、有機カカオバター(ドミニカ共和国)、有機バニラパウダー(マダガスカル)

 

 

 

有機アガベチョコレート(ダーク)の成分分析表

【100gあたり】
エネルギー 590kcal、たんぱく質 8.3g、脂質 45.2g、炭水化物 31.8g、ナトリウム 0g

 

 

 

有機アガベチョコレートの口コミ

ダーデンアガべチョコレートは、ミルクがカカオ46%、ダークはカカオ70%と一般的なチョコレートと比べても、かなりカカオ率が高いので、本格的なチョコレートを楽しめるところが好きです。

 

また、抗酸化作用がワインの3〜4倍もあるので、美容と健康にも嬉しい効果がたくさんあるところも魅力です。

 

市販のチョコレートは、口の中にいつまでも甘さが残っていることが多いんですが、アガべチョコレートは、口の中でカカオがほど良く香り、甘ったるさが残らないところも好きです。

 

ただ、強いて言うなら、100aで700円以上と値段が高いところでしょうか。

 

気軽に食べられるチョコレート、というよりは、ちょっとリッチに、贅沢なチョコレートなので、毎日のおやつ代わりにというわけにはいかないのが、残念なところです。

 

 

 

 

以上、ダーデンの低GIおやつ「有機アガベチョコレート」についてご紹介しました。

 

他にも「大塚製薬の低GIおやつ「ソイジョイ」」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【効果を証明】伊藤園が真剣に考えて作った血糖値上昇抑制方法


関連ページ

【大塚製薬】ソイジョイ
大塚製薬の低GIおやつ「ソイジョイ」について掲載しています。
【サラヤ】ラカント カロリーゼロ飴
サラヤの低GIおやつ「ラカント カロリーゼロ飴」について掲載しています。
【蒲屋忠兵衛商店】豆乳おからクッキー
蒲屋忠兵衛商店の低GIおやつ「豆乳おからクッキー」について掲載しています。
【ブルボン】GIDr.ココアクッキー
ブルボンの低GIおやつ「GIDr.ココアクッキー」について掲載しています。
【マザーレンカ】ドクターズチョコ
マザーレンカの低GIおやつ「ドクターズチョコ」について掲載しています。
【カーマンズ】ミューズリーバー
カーマンズの低GIおやつ「ミューズリーバー」について掲載しています。
【ニュートリー】はい!ババロア
ニュートリーの低GIおやつ「はい!ババロア」について掲載しています。
【イート・ラボ】スリムシークレット
イート・ラボの低GIおやつ「スリムシークレット」について掲載しています。