マザーレンカの低GIおやつ「ドクターズチョコ」

マザーレンカの低GIおやつ「ドクターズチョコ」

マザーレンカの低GIおやつ「ドクターズチョコ」

甘いおやつの象徴でもあるチョコレート、それを血糖値が気になる人でも食べられるようにしたのが、マザーレンカのドクターズチョコ ノンシュガーです。

 

低GIのチョコレートとして人気があります。

 

有名なチョコレートブランドへ原材料を提供している、バリーカレボー社が健康のために開発をしています。

 

とにかく原材料にはこだわっていて、甘味料にはマルチトールを使っています。

 

マルチトールは砂糖の半分のカロリーしかありません。
また、チョコレートの原料には最高級のカカオを使います。

 

良質なポリフェノールが摂取できるので、抗酸化作用も期待できるでしょう。
食物繊維も含まれています。

 

低GIのチョコレートとしても味わいが深く、パーフェクトといえる低GIのおやつです。

 

ノンシュガーダーク、ノンシュガーミルク
容量 30g
GI値 【ノンシュガーダーク】26、【ノンシュガーミルク】36
価格帯 756円

 

 

 

ドクターズチョコ(ノンシュガーダーク)の原材料名

カカオマス、マルチトール、ココアバター、レシチン(大豆由来)、バニラ香料

 

 

 

ドクターズチョコ(ノンシュガーダーク)の成分分析表

【1袋(30g)当たり】エネルギー143Kcal、たんぱく質1.5g、脂質10.8g、炭水化物16.1g(糖質13.7g、糖類0g、食物繊維2.4g)、食塩相当量0.008g、ポリフェノール690mg、カカオ度数55.5%

 

 

 

ドクターズチョコ ノンシュガーの口コミ

カロリー制限をしていても、糖質制限をしていても、やっぱり食べたいチョコレート。

 

マザーレンカのドクターズチョコノンシュガーダークは、そんな人でも食べられるチョコレートです。

 

低GIなので、食べても従来のチョコレートのように急激に血糖値があがることはありません。

 

食べてみると、上質なチョコレートのようにカカオの風味が口いっぱいに広がります。

 

原材料にもこだわって最高級のベルギーのカカオを使っていますので、やはり風合いもいいのだと思います。

 

キューブ状なので食べやすいですし、低GIおやつでチョコレートを食べられるのですから、カロリーや血糖値が気になる人にとっては何とも嬉しいことです。

 

同時に食物繊維やポリフェノールも摂取でき、健康にはとても役立つチョコレートです。

 

 

 

 

以上、マザーレンカの低GIおやつ「ドクターズチョコ」についてご紹介しました。

 

他にも「カーマンズの低GIおやつ「ミューズリーバー」」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【効果を証明】伊藤園が真剣に考えて作った血糖値上昇抑制方法

関連ページ

【大塚製薬】ソイジョイ
大塚製薬の低GIおやつ「ソイジョイ」について掲載しています。
【サラヤ】ラカント カロリーゼロ飴
サラヤの低GIおやつ「ラカント カロリーゼロ飴」について掲載しています。
【蒲屋忠兵衛商店】豆乳おからクッキー
蒲屋忠兵衛商店の低GIおやつ「豆乳おからクッキー」について掲載しています。
【ブルボン】GIDr.ココアクッキー
ブルボンの低GIおやつ「GIDr.ココアクッキー」について掲載しています。
【カーマンズ】ミューズリーバー
カーマンズの低GIおやつ「ミューズリーバー」について掲載しています。
【ニュートリー】はい!ババロア
ニュートリーの低GIおやつ「はい!ババロア」について掲載しています。
【イート・ラボ】スリムシークレット
イート・ラボの低GIおやつ「スリムシークレット」について掲載しています。
【ダーデン】有機アガベチョコレート
ダーデンの低GIおやつ「有機アガベチョコレート」について掲載しています。