カーマンズの低GIおやつ「ミューズリーバー」

カーマンズの低GIおやつ「ミューズリーバー」

カーマンズの低GIおやつ「ミューズリーバー」

オーストラリアでは知らない人はいないというカーマンズのミューズリーバーは、低GIのおやつとして日本でも2014年の3月に発売されてからというもの、高い人気を誇っています。

 

スティックタイプなので手軽に食べられて、小腹がすいた時のおやつ代わりとしてはもちろんですが、忙しくて朝ごはんを食べる時間がないような時にもオススメです。

 

また、低GIなので、ダイエット中の方でも安心して食べることができます。

 

ナッツや穀物、ドライフルーツがぎっしり詰め込まれていますので、食べ応えもあって、さっくりと柔らかい歯ごたえで日本人にもとても食べやすいバータイプのおやつとなっています。

 

遺伝子組み換え不使用、人工香料不使用なので、原材料にこだわりのある方でも満足できると思います。

 

クラシックフルーツ、チョコクランベリー、オリジナル、チョコブルーベリー、スーパーブルーベリー
容量 【チョコクランベリー、チョコブルーベリー】35g、【クラシックフルーツ、オリジナル、スーパーブルーベリー】45g
GI値 【クラシックフルーツ】53、【その他】不明
価格帯 168円

 

 

 

ミューズリーバー(クラシックフルーツ)の原材料名

全粒オーツ麦(押麦)、グルコース、レーズン、食用ひまわり油、アーモンド、はちみつ、ひまわりの種、オーツ麦粉、ごま、ヘーゼルナッツ、あんず、ピーカンナッツ、シナモン、バニラ香料

 

 

 

ミューズリーバー(クラシックフルーツ)の成分分析表

【1本(45g)あたり】
エネルギー202kcal、たんぱく質4.1g、脂質8.8g、糖質25.3g、食物繊維2.5g、ナトリウム5.9mg、(食塩相当量:0.01g)

 

 

 

カーマンズ ミューズリーバーの口コミ

ナッツとドライフルーツが好きな私にとって、ミューズリーバーはとてもおいしく感じました。

 

見た目は固そうに見えたのですが、さっくりと柔らかな歯ごたえで食べやすく、食べ応えのある食感でもあるので、おやつ代わりにも朝食の代わりにもなって重宝しています。

 

バー状なのでバッグの中にさっと入れておくこともできて、小腹がすいた時にぱくっと食べられるのは嬉しいです。

 

ただ、唯一の難点をあげるとすれば、どこでも売っているというわけではないという点でしょうか。

 

どこのコンビニやスーパーでも買えるというわけではなく、限られたところでしか購入することができないので、入手するのに若干の手間がかかるところだけが、唯一の難点といえば難点です。

 

 

 

 

以上、カーマンズの低GIおやつ「ミューズリーバー」についてご紹介しました。

 

他にも「ニュートリーの低GIおやつ「はい!ババロア」」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【効果を証明】伊藤園が真剣に考えて作った血糖値上昇抑制方法

関連ページ

【大塚製薬】ソイジョイ
大塚製薬の低GIおやつ「ソイジョイ」について掲載しています。
【サラヤ】ラカント カロリーゼロ飴
サラヤの低GIおやつ「ラカント カロリーゼロ飴」について掲載しています。
【蒲屋忠兵衛商店】豆乳おからクッキー
蒲屋忠兵衛商店の低GIおやつ「豆乳おからクッキー」について掲載しています。
【ブルボン】GIDr.ココアクッキー
ブルボンの低GIおやつ「GIDr.ココアクッキー」について掲載しています。
【マザーレンカ】ドクターズチョコ
マザーレンカの低GIおやつ「ドクターズチョコ」について掲載しています。
【ニュートリー】はい!ババロア
ニュートリーの低GIおやつ「はい!ババロア」について掲載しています。
【イート・ラボ】スリムシークレット
イート・ラボの低GIおやつ「スリムシークレット」について掲載しています。
【ダーデン】有機アガベチョコレート
ダーデンの低GIおやつ「有機アガベチョコレート」について掲載しています。