【5品】バータイプの低GIおやつのGI値ランキング

【5品】バータイプの低GIおやつのGI値ランキング

【5品】バータイプの低GIおやつのGI値ランキング

低GIという言葉が有名になったのは、バーのおかげと言っても言い過ぎではないくらいです。

 

手軽に食べられて空腹も満たされるバーはおやつ代わりにもなりますし、商品によっては軽食の代わりにもなります。

 

しかも、このバーが低GIですので、血糖値の上昇を抑制してくれますので、健康にも一役買ってくれるというメリットがあります。

 

また、中性脂肪を減らしてくれる効果もあるので、ダイエットをされている方のおやつ代わりとしても大変便利です。

 

ただ、相当空腹な時は、バーだけで満腹にすることは難しいというデメリットがあります。

 

小腹がすいた時には大変役立ちますが、毎日の食事の代わりというわけにはいかないでしょう。

 

糖尿病や血糖値が気になる方は特に、バーだけで食事をすませないということが大切です。

 

バランスの取れた食事に加え、腹八分を心がけ、カロリーの高いおやつの代わりとして低GIのバーを取り入れましょう。

 

 

 

スマートバー
メーカー ライフプラス
内容量 50g
カロリー 200カロリー
GI値 35

 

ソイジョイアーモンド&チョコレート
メーカー 大塚製薬
内容量 30g
カロリー 146カロリー
GI値 24

 

アプリコット&アーモンドミューズリーバー
メーカー カーマンズ
内容量 45g
カロリー 200カロリー
GI値 51

 

キャラメルナッツバー
メーカー アトキンス
内容量 34g
カロリー 130カロリー
GI値 低GI商品だがGI値は不明

 

グルセルナ・ミールバー
メーカー アボット社
内容量 20g
カロリー 70カロリー
GI値 低GI商品だがGI値は不明

 

 

 

 

以上、【5品】バータイプの低GIおやつのGI値ランキングについてご紹介しました。

 

他にも「【4品】朝食向きの低GI食品のGI値ランキング」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【効果を証明】伊藤園が真剣に考えて作った血糖値上昇抑制方法


関連ページ

食品
朝食向きの低GI食品のGI値ランキングについて掲載しています。
飲み物
低GI飲み物のGI値ランキングについて掲載しています。
甘味料
低GI甘味料のGI値ランキングについて掲載しています。
チョコレート
低GIチョコレートのGI値ランキングについて掲載しています。