【4品】低GI甘味料のGI値ランキング

【4品】低GI甘味料のGI値ランキング

【4品】低GI甘味料のGI値ランキング

おやつ作りやお料理作りに欠かせない甘味料。

 

甘みを与えるだけではなく、味に深みを与えてくれる存在なので欠かすことはできません。

 

近年注目されている低GIですが、血糖値の上昇を抑制したり中性脂肪を減らしたり、糖尿病の発症のリスクを抑えてくれる効果などがあります。

 

下記で紹介しているような甘味料を使うことにより、健康と美容に役立てることができます。

 

膵臓への負担が少ないというメリットもあります。

 

ただ、白砂糖やグラニュー糖、三温糖のようにオールマイティに何でも使えるという商品ばかりではなく、どこにでも売っているかというと、陳列されていない場合もあるというのがデメリットとして挙げられます。

 

また、血糖値や糖尿病、中性脂肪が気になる方がこれらの甘味料を取り入れる際、低GIだからといって摂りすぎないよう注意しなければいけません。

 

健康と美容に良いとは言っても、摂りすぎはやはり健康を害することもありますので、適量を心がけましょう。

 

臨機応変に、甘味料を使い分け上手に活用していくことをおススメします。

 

 

 

ラカントS
メーカー サラヤ
内容量 150g
カロリー 0カロリー
GI値 0

 

フルーツシュガー果糖
メーカー 日新製糖
内容量 1kg
カロリー 小さじ1杯当たり11カロリー
GI値 19

 

アガべシロップゴールド
メーカー イデア社
内容量 330g
カロリー 310カロリー
GI値 27

 

オーガニックココナッツシュガー
メーカー レインフォレストハーブ
内容量 350g
カロリー 100g当たり250カロリー
GI値 35

 

 

 

 

以上、【4品】低GI甘味料のGI値ランキングについてご紹介しました。

 

他にも「【5品】低GIチョコレートのGI値ランキング」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【効果を証明】伊藤園が真剣に考えて作った血糖値上昇抑制方法


関連ページ

食品
朝食向きの低GI食品のGI値ランキングについて掲載しています。
飲み物
低GI飲み物のGI値ランキングについて掲載しています。
チョコレート
低GIチョコレートのGI値ランキングについて掲載しています。
バータイプのおやつ
バータイプの低GIおやつのGI値ランキングについて掲載しています。